君は帰って来てくれたんだね

昨年の11月にペットを亡くしました。五歳で突然死でした。くだらないと思う方もいると思いますが、ペットロスのダメージは大きいです。子育て中ならともかく黄昏が忍び寄っているような家族構成では家中に暗雲が立ちこめます。いい年をしてブログを立ち上げ、ありったけの思い出を書いたところで少し気分が落ち着きました。それでもやっと半年です。今でも目で探してしまうのですよ。化けてでもいいから姿を見せてよと思います。

最近新商品の洗濯洗剤を買いました。これは洗剤メーカーを誹謗中傷するものではありません、あくまで私の感性です。洗い上がりに洗濯物を抱えるとかすかにあの子のおしっこの匂いがするのです。私の飼っていたのは茶虎の日本猫でした。排泄物の匂いは個体差があります。向田邦子さんの猫はかなりすごかったらしくエッセイにも書いています。

短い猫生であまり生命力も強くなかったのでしょう、排泄物の匂いはサラリとしたものでした。そんなかすかな思い出がこの洗剤の匂いにするんです。

私が未練がましいから、私があなたを忘れられないから、だから君は戻ってきたんだね。とにかくこのメーカーの洗剤はずっと使い続けるでしょう。

チャップアップ アマゾン
チャップアップをアマゾンで購入するときには知っておいたほうがいい情報があるみたいですよ。育毛をする時にはお金がかかるので慎重になったほうがいいかもしれませんね。

チャップアップをアマゾンで購入後に知った悔しすぎる情報の件

おばさんはそんなこと気にしない

私は軽作業のパートに行っていますが、同僚は私が50代後半もう一人が40代後半一人が70代とみごとに十年離れているのです。競争心が働かないせいなのか、実にフレンドリーな環境なのです。

先日ですが40代の人と私は並んで作業していました。70代のひとは対面にいました、何のきっかけかわかりませんが生理用品の話になり40代の彼女が私もそろそろかもしれないなどと言い出しました。そこでよせばいいのに私が持論を展開します。私はフィナーレが近づいた頃に思ったのです、最後は高級な生理用品を使ってやろうと。そして後世に残すために綿密な記録を残そうと。しかしその間もなくあっけなくさよならでした。そうです別れはいつも唐突です。だからさらに力説しました。

ふと気が付くと70代の彼女が首を振ったり手を上げたりしてパフォーマンスをしているんですね、何だと思って振り向くと、ここは日本料理店なのですが若い板さんがいつからいたのか立っていました。「俺、意味がわからなかったから」と言いましたが、これこそ何を聞いたか雄弁に語っているでしょう。でも私はめげません。そんなこと言ったらおばさんはやっていられません。