天気の良い冬の昼間は車内で読書

わたしの愛車は中古で買った四角い軽自動車です。初めての中古で初めての軽自動車。試乗したときには、前の車との違いに不安を感じたりもしました。でもいざ相棒になってからは、これを選んでよかったなと思っています。
小さいので駐車場に停めやすいのも、燃費が良いのも、税金が安いのも魅力ですが、それ以上に気に入っている点があります。それは車内を自分の部屋がわりに使えること。冬場、家の中が寒いときには暖房を使うのがもったいないので、車へ行って本を読んだりパソコンをいじったりしています。
後ろの座席に座り、助手席を倒して、そこに足を伸ばします。ホットコーヒーとお気に入りのファンタジー小説を持ち込めば完璧。気が向くと、飼い猫がボンネットの上に来て昼寝を始めます。自分だけのくつろげる空間です。ひとつ気を付けなきゃいけないのが、家に人が来たときです。
自分は人が来たのに気がつきますが、向こうは気づいていない。突然車から降りていくとびっくりされるし、気恥ずかしいので、晴れた昼間には人が来ないことを願うばかりです。