体感温度と実際の差

最近しばしば思うことなのですが、体感温度と実際の温度が異なることが多いです。今日などかなり気温は下がっているにもかかわらず、それほど寒さを感じません。これは非常に良いことですが、なぜなのかその理由を考えてみました。

思い当たることがあります。

私はそもそも冷え症なのですが、その改善のため、ここのところ生しょうがの摂取をかなり増やしています。このかなりというのが相当で、チューブの生しょうがを2日で使い切ったりします。そのせいでしょうか。手足がポカポカするのです。

私は手足が冷えて寝付けないことがあるほどにもかかわらず、です。このように体温が上がっているとすれば、寒さを感じないというのもうなづけるところです。しょうがパワーをぜひ継続したいと思います。

ただ少ししょうがの摂り過ぎも気になっているところではあります。どんなに良いものでも摂取のし過ぎは良くないからです。砂糖も塩も適度であるからいいというもの。過剰摂取は病気の原因になってしまいます。

しょうがの摂り過ぎはどんな影響が出るのか知らないのですが、やっぱりやり過ぎは良くないと思っています。ちょうど体がポカポカしてくるようになってきたので、量をかなり減らして継続する方法を考えてみようと思います。