私という人間の進歩

私は今まであまり積極的に読書をしてこなかったため、本を読むことが苦手です。だから、最近はできるだけ本を読むようにして、一冊を短時間で読めるように頑張っています。

普通の人が簡単にやっていることでも、私にとってはつらかったりします。今は読書が楽しくなってきましたが、楽しく感じるまでは読書が嫌でした。なんとなく本を読んでいるうちに読書の面白さに気づいて、何冊も読むようになりました。

私にとっては進歩だと思います。今まで全く本を読んだことがなかった自分が、急に読書をしだして、しかも面白いと言っているのです。

人間、年を取るとなにがあるかわかりませんね。冷静に物事を見つめられるようになったのでしょうか。何にせよ、読書を続けることは良いことだと思うので、これから何冊も読んでいきたいと思います。

色々な本を読みたいという欲求まで出てきているのです。不思議なものですよね。自分の中にこんな感情があるなんてこれまで知らなかったのです。

私の中では読書は避けてきました。学生時代も出来る限り読まないようにしていました。読書感想文などは本当に嫌な宿題で、夏休みの最終日まで残していたことが思い出されます。

ただやはり難しい本はまだ苦手です。サラッと読める本のほうが面白いと感じます。こんなこともあり文章力というのはついた気はしません。まあ今後の楽しみとしてとっておきたいと思います。