梅雨とはいえ

今年の梅雨は何か変なのか、それともこんなだったのかなぁ?と考えてしまいます。

少なくても子どもの頃とは全く違う気がします。

梅雨に入ったから毎日雨がシトシト降り続けて、時々、真夏みたいな日差したっぷりな日があって少しずつ夏になっていくんだなぁというのが梅雨の期間だったと思います。

でも今年は特に、梅雨に入った途端に、1日で1ヶ月分の雨が降りましたというところから始まって、アレアレ?と思っていたら、今度は曇続きの日々。借金はきついです。

かと思えば、山沿い地域では連日の豪雨。局地的な豪雨が連日続くとは、その地域にお住まいの方は大変な日々だと思います。なんでこんなに借金きついのかと思ってしまいます。

都心でも、真夏にゲリラ豪雨というのは近年あったものの、まだ梅雨時期なのにこんなにもゲリラ豪雨のような大雨とともに雹が降り積もり、まるで雪が降った時のように真っ白な街になったなんて、考えられなかったな。

でも今の子どもたちにとっての「梅雨」はこういうものなんだという時代になるんだろうな。