日常に潜む危険

40代の始め頃体形補正効果のある水着を買ったことがあります。一万円近くする高価なものでした。いったい私はなんであんなものを買ったのでしょうか、それに着たところで誰が見るのですか。おばさんでも色気が多少残っていたと言うことでしょうか。とにかく矯正効果は絶大でした、ぽっこりお腹がはがきのようにぺったんこになるのです。

ただ着用のときに時間がかかるのが難点でした。その日も一人なのをいいことに水着を着て鏡に映したりして悦に入っていました。実はこの水着脱ぐ時はもっと難儀するのです。

なんとか腰のあたりまで引き下げたところで突然腰にするどい痛みが走りました、あまりにも脱ぎにくい為にどこかひねったのでしょうか。大変な事態です、もうすぐ小学校五年の息子が帰ってくるのです。いくらなんでもこんな半ケツ状態を見せるわけにはいきません。痛みに耐え、脂汗を流しながらやっとの思いで脱ぎました。

もうこりごりです、水着はその後すぐ誰かに譲ってしまいました。それにしてもこの水着、今はあまり見かけないのです。きっと私と同じような事故に合った人がいてクレームになったのではないかと私は思っています。